通販で馬刺しを注文してから、切り分けて盛り付けをするまでって結構楽しいんですよ。

自分で専門店のような感じで切り分けてどうお肉を重ねていこうか・・。

ここでは、馬刺しの綺麗な盛り付け方について触れていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

基本は薄く切って重ねていくだけで綺麗な見た目になる

通販で買った馬刺しは、最初真空パックにブロックで入っているのでまずはきっちりと切り分けることが大事です。

盛り付けを成功させるための原則は、とにかく「綺麗に馬刺しを薄く切ること」なので半解凍をしてまだ馬刺しが固い状態で切っていくのが基本ですね。

間違っても、完全に解凍して柔らかくなってしまった状態だと相当切りにくくなっているので見た目を大事にしている人からすれば不満の残る内容になってしまいます。

なので、ある程度固い状態で包丁を入れるのは絶対!

で、ある程度固い状態だとブロックの馬刺しが気持ちいいぐらいにサクサクと切れる!

さらに、固さが残っている状態だと馬刺しの盛り付けも楽になるんです。

盛り付けは、プロ並みに工夫をしなくても単純に「若干重ねながらお皿に置いていく」ということを意識すれば少なくとも「それなりに綺麗な盛り付け」にはなります。

自分も、写真で見るとわかりますけど基本は半重ねで次々と並べていくだけで様になりますからね。

【スポンサードリンク】

スライス玉ネギやシソの葉などの薬味を添えるとグッド!

で、自分の場合はあまり盛り付けの段階で薬味とかを添えたりしていないのですがこれをやるとさらに気分が高揚します(笑)

具体的には、切り分けた馬刺しをお皿に置いていく前にまずスライスした玉ネギを下に敷くのです。

で、その上に馬刺しを並べていく。

そして、シソの葉は2~3枚ほどスライス玉ネギと馬刺しの下にはみ出るように添えると見事に綺麗になりますね。

赤い馬刺し、白い玉ネギ、そして緑のシソが加わるとグっと馬刺しの盛り付けが映えるようになります。

また、その状態でおろししょうがとおろしニンニクを少しお皿に2つ並べるようにすれば盛り付けとしては「もうセミプロ」と呼んでもいいくらいでしょう。

自分が馬刺しの食レポをしている時は、基本お皿には馬刺ししか載せていないのですが色んな盛り付け例の勉強をして次回の食レポ記事ではシソとスライス玉ネギで彩をよくしてみたいと思います(笑)

たまには、最高の盛り付けを完成してから口に入れたいものですね。

【スポンサードリンク】