馬刺しというと、「コウネ」とか「ふたえご」などの珍味などもありますけどやはり定番が一番。

定番と言えば、「霜降り馬刺し」か「赤身馬刺し」。

今回は、この両方を比較しながらオススメはどっちかというのを論じてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

濃厚さを求めるなら霜降りに軍配が上がる

霜降りの肉か、赤身の肉かというのは牛のステーキでも好みが分かれるところですよね。

日本人の場合は、やはり「霜降りが最高だ!」という風潮がありますけど外国では赤身の方が「肉食ってる感!」というものがあり赤身が一般的になっています。

これは、馬刺しでも同じような感じで確かに霜降り馬刺しを醤油につけて食べると・・・サシの部分が少し口の中で溶けだして丁度いい濃厚さが出てきて最高なんですよね!

価格的にも、どうしても霜降りの方が上なので霜降りを食べるときの一口一口の噛み締めがなんとも言えない幸せを味合わせてくれます。

また、あくまでも馬刺し前提ということなので霜降り馬刺しは丁度いい具合に脂がのっているんですがしつこくない!

ですので、霜降りの場合はシンプルに塩コショウなどで食べても最高に美味いんですよね。

【スポンサードリンク】

しかし、結局は赤身はいくらでも入るくらい食べやすい!

それに対して、赤身の部分の強みは「本当にサッパリしていていくらでも食べられる」というところ。

別の記事でも赤身三昧のレビューについて書きましたが結論から言うと、自分はどっちかというと僅差で赤身の方が好きです。

本当に僅差ですよ!

あくまでも、どっちを食べ続けるかという場合ですよ!

本来は、赤身と霜降りを一食でそれぞれ半分ずつぐらい食べるのが理想なんですよね。

で、赤身に話を戻すとさらに赤身が好きな理由はもう一つあります。

それは「アレンジが霜降りに比べてしやすい」ということです。

僕は、醤油ではなく塩コショウをふりかけてさらにごま油をかけてカルパッチョ風にして食べるのがすごく好きなのですがこれは「赤身がより合う!」

赤身の場合は、余分な脂がないのでごま油をかけるとまるで霜降りを食べてるんじゃないかと思うぐらいの濃厚な味わいになって天国行きになります(笑)

また、赤身の場合はサラダとかに加えやすいですし普通にニンニク醤油で食べる場合も醤油のつけかたによっては十分濃厚になりえる。

それでいて、根本はサッパリしているから沢山食べることができて「馬刺し食ったな~!」という満足感が食後の余韻として広がることになります。

いつも食べるなら赤身で、たまに食べるなら霜降り。

でも、一番の理想は一食の食事で「赤身7:霜降り3」ぐらいの比率でいつも楽しみたいのです。

【スポンサードリンク】