馬刺しとは、ご存知の通り「馬の刺身」です。

なのでそのまま生で食べるものなのですが、焼いているお魚とかでも「刺身用だから美味いよ~」なんていうシチュエーションってありますよね?

今回はそれを思い出して、馬刺しを焼いてみたら美味いんじゃないかと思ってやってみました。

【スポンサードリンク】

ジンギスカンの臭みが全くないバージョン!

通販で買って解凍した馬刺しに火を通して「焼肉」状態にする人なんてあまりいないと思うのでやってみただけなのですが、これが予想以上のできでしたね。

というか、馬刺しそのままの状態だとほんの少しだけクセがあるので焼いたらそれが増幅されて「ちょっと臭みがやばいことになるんじゃないか」なんて心配してましたけどそれはご無用でした!

今回は、実験みたいなところがあったので一切れずつ試してみたのですがまあ~これは美味!

ジンギスカンは僕は結構好きな方で、札幌とかに行くとよく食べるんですけど・・・「それのパワーアップバージョン」と捉えていただいて結構です(笑)

やっぱり、臭みのない馬刺しは焼いても臭みがないんですね。

霜降りと、赤身を両方とも焼いたのですが両方ともクセとは無縁でしたよ!

【スポンサードリンク】

霜降りと赤身ではこんなに違う!

で、その焼いた霜降り馬刺しと上赤身なのですがこれを比較すると焼いたバージョンだとより違いがわかる。

霜降りの場合は、やはりサシが入っていて焼いた瞬間にお肉の旨味がジュワーッと出ているのがわかってすごく霜降り焼肉を食べている気分。

焼肉屋に行って、馬刺しの焼肉があったらちょっと興味津々で食べちゃう感じです。

で、対する上赤身の焼肉はというと・・・すごくさっぱりしていていくらでも食える肉!

これ、両方とも醤油で食べてみましたが普通に霜降りの方は塩コショウだけでいけますね!

で、今更ながら思いついたのが上赤身の焼肉の場合は「ポン酢で異次元なまでに食える!」ということです(笑)

いや、火を通すことでこんなにアクセントになるなんてちょっと舐めてましたわ。

で、ここまで馬刺しの焼肉が予想以上に美味かった話をしましたけど・・・やっぱり一番美味いのはそのまま馬刺しの状態で食べることなんですよね(笑)

きっと、馬刺し専門店の人たちも自宅に届いた馬刺しはそのまま刺身の状態で食べて欲しいと思ってるでしょう。

なので、火を通すのはたまのお楽しみにできるということがわかっただけでも今回は収穫です。

ジンギスカンが食べたくなったら、馬刺しの火あぶりをまたやりたいと思います。

【スポンサードリンク】