馬刺しを通販で買うと、真空パックに入れられたブロック肉が送られてきます。

大体は、50~100g単位でパックに詰められているので一人でも食べやすい感じになっているんですよね。

で、一人前を食そうと思った場合の丁度いい量ってどのくらいなんでしょうか?

【スポンサードリンク】

馬刺しだけをご飯のおかずにするなら100gぐらいが丁度いい

居酒屋とか飲食店で出てくる馬刺しが、たぶん50gあるかないかぐらいだと思うんですよね。

でも、そういうところだと基本的に他の料理も注文することになるのでどのくらいが一人前に適切かわからないですよね。

で、通販の場合はというと大体50gか100g単位で真空パックに冷凍された状態で詰められているのでわかりやすいです。

例えば、単純に白いご飯と馬刺しだけで食事をするだけの場合(これだけで幸せ・・)だと大体自分の場合は100gは馬刺しをおかずにして食べますね。

でも、僕は夜は比較的結構食べるのでご飯の量は1合です。

なので、もう少し少食で他のおかずを副菜とかにするのなら50gでも十分だと思います。

自宅飲みとかで、一人で馬刺しを満喫したい場合も50gで十分お酒のおつまみになるでしょう。

そう考えると、100gは一回に食べる量としては少し多めかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

100gで何切れぐらいになるのか?

とはいえグラム数で表現しても、イメージが湧きづらいかもしれませんよね。

ちなみに、切り分けるときの一枚の厚みにもよりますが100gで大体「15切れ」ぐらいになります。

なので、50gだと7~8切れぐらいですね。

馬刺しは比較的柔らかくて歯ごたえもしっかりしているので、薄めに切り分けるのが普通です。

でも、たまには変化をつけて分厚めに切り分けて贅沢な生肉気分を味わったりしたいときもあります。

そうなると、上記の数字よりも「切れ数」は少なくなりますけどその分厚みのある馬刺しは食べ応えと贅沢感が抜群で昇天します。

また、部位によっても一人前の満足度が違ってきたりします。

霜降りの場合だと、やはりさっぱりとした中にも脂がのっているので結構少量でもご飯が沢山いけちゃいます(笑)

馬刺し一切れで、ご飯は2口分みたいな。

タタキも、脂はそんなにないですが歯ごたえが通常の馬刺しよりも若干どっしりしているのでこれまたそんなに多くなくても満足できます。

赤身の場合になると、いくらでもいけちゃうという感じで結構食べちゃうかもしれませんね。

まあ、馬刺しの場合はどの部位を食べても基本的に重くないのでご飯が本当に進むんですよね。

【スポンサードリンク】